--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2008

01.17

いろんなことを思う日

今日は阪神大震災が起こった日。
あの日 芦屋で被災した私たちは 奇跡的に家族みんな無事でした。
ただ、揺れが収まってみると 立てません。
和ダンスがベットから放り出された私の上に倒れ掛かっていたのです。
それが奇跡的に王子が寝ているベビーベットにつっかえて 私は下敷きにならずにすみました。
たんすを受け止めてくれたベビーベットは その重さに幾本かの支柱が折れていました。
その支柱が全て折れきってしまっていたら わたしは今 ここにはいなかったし、
何本か折れた支柱の側に王子が寝返りなどをして寝ていたら 王子は今いなかったと思うと 私は王子とベビーベットに感謝せずにはいられません。
その後 居を点々としたり、つらいこともあったけれど、心の底にいつも“生かしてもらっている”という思いがあり、気が引き締まる思いをしていました。
それに加え、避難した先々で とてもよい方たちとの出会いがありました。
震災前は 子どもと二人っきりで とてもつらい(今思えば 育児ノイローゼ?)時間を過ごしていた私を救ってくれた人々。
その後も 生涯の友になってくれた人々。
1・17がくるたびに その人たちへの心の底からの感謝の気持を再認識します。
その方たちへの恩返しのためにも 命を残して貰った者としても 自分に恥じない、たくさんの支えを下さった方たちに恥じない生き方をしたいと思います。
本当に みなさん ありがとう。
スポンサーサイト

季節
トラックバック(0)  コメント(4) 

Next |  Back

comments

阪神の震災はホントに大変なことでした。
家族を亡くした方たち、家を失った方たち、
皆さんの心を思うと言葉がでません。
恥ずかしながら私が結婚したのも
震災の年でした。
今住むアパートに荷物を運んだ次の日が
17日で、その日は私は病気の母のいる
実家にいました。
大阪にいましたが忘れられない日です。

ちまこ:2008/01/17(木) 21:41:55 | URL | [編集]

ちまこさま

ちまこさんにとっても 深い一年だったんですね。
もう二度と あんなにつらい出来事は迎えたくないですが、これは人間の思いの及ばぬところで起きることなので・・・
常に!とはちょっと無理ですが、気付く範囲でいろんな備えは出来るだけしておきたいですね。

Harvest Moon:2008/01/18(金) 18:21:28 | URL | [編集]

被災をした者にとっては、やっぱり忘れられない1日ですね。
今年は、娘と「1.17のつどい」に行ってきました。
1月17日を初めて迎える娘にもちゃんと伝えて行きたいと思って参加してきました。
「命を残して貰った者として」私も恥じない生き方をしていきたいです。

なおたろう:2008/01/19(土) 00:38:56 | URL | [編集]

なおたろうさま

1.17のつどい 参加されたのですね。
わたしはまだ 勇気が出なくて、参加したことがありません。
いつかいける日が来るのかなぁ・・です。
王子も生後間もなかったので、体験としての震災はピンと来ないようですが、それでも いろいろ感じ、思うことはあるようです。
後世に伝えていくことって 大事ですよね。

Harvest Moon:2008/01/19(土) 08:45:50 | URL | [編集]

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。