--

--.--

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告
トラックバック(-)  コメント(-) 

    2007

08.24

嵐の中の白鳥の湖

先日 兵庫県立芸術文化センターであった 白鳥の湖に行ってきました。
といっても バレエではありません。
なんと!フィギュアスケート!
もちろん、芸文センター大ホールは 音楽鑑賞用に作られた劇場です。
20070824094046.jpg

舞台の上にリンク!?ちょっと想像できない感じでしょ。
テレビで見るフィギュアは 大きな体育館のようなイメージだし、
いくら大ホールとはいえ、舞台の上にオーバル型のミニリンクができるのかなぁ・・位に思っていたのですが・・・違いました。
なんと!(本日二回目)ステージ全部がリンクになっていました!
そう、四角いリンクなんです。でも、リンクというより、ほんとに舞台そのもの。スケート靴を履いたバレエって感じでした。
20070824093357.jpg

基本はバレエの舞台って感じで、衣装もきれいだったし、セリフはもちろんないし、音楽は生演奏ではなかったけれど、スタンダードにクラシックな 白鳥の湖でした。
ただ、振り付けはフィギュア。リフトあり、ジャンプあり、スピンあり、フライングあり、おお!といわずにおれない技が盛りだくさん!
しかも、1幕の終わりには リンク=氷のうえに 火の輪がつく という 大掛かり?な仕掛けもありました。
個人的には 王子さまより 色悪のロットバルトがよかったなぁ
私は 2Fバルコニー席だったので、上手がちょっと見ずらかったけど、奥行きもよく感じられて、よかったです。

アンコールの全員でのスピンも圧巻で、とっても気分よく 帰路に着く・・はずが!ものすごい嵐!
空は 闇に落ちる間もないくらい 雷光で真っ白だし、雨は 流れが見えないくらい カーテンのように降っているし・・
車まで ほんの500m位だけど、怖くて しばらく劇場に留まりました。
たくさんのびっくり~を目にした一日でした。
スポンサーサイト

日々徒然
トラックバック(0)  コメント(0) 

Next |  Back

comments

コメントの投稿











 管理者にだけ表示を許可
trackback
この記事のトラックバックURL

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。